top of page

No. 010 「値下げは自殺行為です。」

前回は、「初心者向け・ポートフォリオの作り方」という題でお届けしました。



今回は「サービスの値段」についてです。





私がコンサルでいつもお伝えしていることの一つに



「値下げは絶対しちゃダメです!」



というものがあります。




理由は簡単。



「自分が苦しくなるだけで、得は何もない」から。




以前、Fiverrの新しい出品者で、私のナレーションサービスよりも「格段に」安い価格で出品している人が現れました。



もちろん、「価格の安さ」を求めている人達は、その方のサービスを購入していました。



そして、私への依頼は多少減ってしまいました。



そこで、私は対抗して価格を下げたか?




そんなバカなことはしません!笑




もちろんお値段据え置きです。



むしろ、値段を上げようかと考えました。




その方のポートフォリオを確認し、私の方が格段にクオリティが高いことはわかっていました。




そこで何が起こったか言うと、



「安さ」を重視している人達は、その方に依頼し、



「クオリティ」を求める方々は、私に依頼してきたのです。





何でそんなことがわかるかと言うと、



その方が出品して以来、


私に声が掛かるほとんどが大きめの企業案件だったり、


きちんとした商品をマーケティングしようとしている人達ばかりで、



それまで来ていた小さめの案件や、


お断りするような案件がほとんど来なくなったからです。



(Fiverrにも色々な潜在顧客がいるので、きちんとお付き合いするお客様を選ぶ必要があるのです!)




結局、依頼数自体は減ったものの、売り上げはほとんど減ることなく、その上、お付き合いを続けたい依頼主の皆さんに、より多くの時間を費やすことができました。



そして、より多くの余剰時間が生まれたので、自分のポートフォリオを改善したり、より充実したサービスを提供できるように、様々な部分を改善できました。



つまり、どんどん良い循環が生まれるようになったのです。





もし・・・



競合相手に合わせて私も値下げしていたら・・・



仕事に費やす時間が増える上に、売り上げは減り、サービスのクオリティも減っていったことでしょう。。。



考えただけでも恐ろしい・・・。汗





安すぎるサービスを提供するということは、時間の割に、あまり売り上げがないということで、無理をしながらビジネスを続けているということになります。



結局その方は、サービスが安すぎたために疲弊したのかは不明ですが、出品停止しているようです。




こういった理由があり、



「値下げは絶対にダメです!」



と皆さんにお伝えしているんです。


(^ ^)




しかし!!!!!




値下げが必要なことも稀にあります。



長くなりましたので、また次回お話ししますね。^^



【こちらも併せてご覧ください】

*外貨を稼ぐ方法などを解説するYoutubeチャンネル「Kozy Voice」

*オススメのNote記事:

(たったの100円!)【晒します】無名ナレーターの僕が、英語圏の某サイトで「日本の平均年収」よりも多く稼いでいる件

(リポストしたら300円!)まだ日本で疲弊しているの?僕が海外の某サイトでフェラーリが買えるくらい稼いだ経験談。

*アサノのX(ツイッター)

Yorumlar


Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
bottom of page