top of page

No. 009 「初心者向け・ポートフォリオの作り方」

英語を使ったフリーランスのスペシャリスト、浅野コウジです。

最初のブログ記事で紹介したセミナー動画は見ていただけたでしょうか?

もしまだ見てないようなら、ブログを読み進める前に動画を見てくださいね。

動画の視聴はこちらから:

以降の記事は、セミナー動画の情報を元に進められますので、必ず動画をみてください。





前回は「ポートフォリオはフリーランスの生命線」というお話をしました。

今回は、「初心者向け・ポートフォリオの作り方」という題でお届けします。

ポートフォリオは、今まで自分がしてきた仕事の内容、作品、サンプルなどをまとめて、潜在顧客に対して

「自分はこんなことができますよ!」

と自分を売り込むためのツールです。

例えば、

「私はXX社の広告にデザインを提供しました」

とか、

「XX誌の表紙のための写真を撮影しました」

とか、

「アニメXXXの主役の声を担当しました」

とか、 色々と過去の仕事について書けば良いのです。

でも、 もし自分にあまり経験がなかったらどうしましょう?

もし、過去の仕事のサンプルや、作品などがなかったら?



それなら、 作ってしまいましょう!

いや、「関わった仕事を偽装しろ!」って言っているわけではありません。笑

自分で、それっぽいものをサンプルとして作るのです。

例えば、

「XX誌の表紙っぽい写真」

とか、

「ラジオDJっぽい声でのナレーション音声」

とか、

「架空の漫画の主人公のデザイン画」

などなど。




色々なサンプルを作って、潜在顧客に

「こんなクオリティで、色々なことができるぜ!」

っていうことを見せてあげるのです。

「どんなポートフォリオにすれば良いんだろう??」

と迷う人は、FiverrやCoconala、Upwork、クラウドワークスなどで、売れっ子のフリーランサーのページを見て、その人たちがどんなポートフォリオを用意しているか参考にしてみましょう。

きっと多くのヒントが得られるはずです!

Comentarios


Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
bottom of page