検索
  • 浅野コウジ

No. 006 「海外にサービスを提供する際の必須アイテム」

英語を使ったフリーランスのスペシャリスト、アサノです。

最初のブログ記事で紹介したセミナー動画は見ていただけたでしょうか?

もしまだ見てないようなら、メールを読み進める前に動画を見てくださいね。

動画の視聴はこちらから:

https://peraichi.com/landing_pages/view/justglobal

以降の記事は、セミナー動画の情報を元に進められますので、必ず動画をみてください。





前回のメルマガでは、海外の市場でサービスを販売するための英語力についてお話しました。

今回は、「海外にサービスを提供する際の必須アイテム」についてです。

先に答えを言いますと、この必須アイテムというのは「Paypal(ペイパル)」です。

日本国内だとあまり使うことがない、このPaypalですが、海外、特に英語圏ではかなりの頻度で利用します。

日本ではほとんど利用されていない、海外マーケットプレイスの大御所のebay(イーベイ)では、Paypalでの支払いが基本です。

その他にも、色々なオンラインショッピングでPaypalを使う機会が多くあります。

このPaypalですが、支払いのために使うだけでなく、人からの送金を受け取ることもできますし、もし自分でオンラインショップを立ち上げる際に、顧客の支払いをPaypal経由でしてもらうこともできるのです。

私の利用するフリーランス用プラットフォームのFiverrでの売り上げ金は、すべてPaypalを通じて受け取っています。

他にも、取引しているエージェントや、直接取引している顧客なども、ほとんどPaypalを通じて支払いを送金してもらっています。

海外の銀行から、自分の銀行に送金してもらうこともできますが、一般的に銀行から銀行に送金すると、手数料が高かったり、外貨からの換金レートが悪かったりします。

もちろん、Paypalにも手数料や換金手数料などがありますが、銀行のそれに比べると安くなっています。

そんなわけで、海外のクライアントと取引をする際には、Paypalアカウントは必須と言えるでしょう。

もちろん、日本国内でもPaypalアカウントを開設することはできます。

どこの国にいても、銀行口座とリンクさせる作業は必要になってくるので、もし海外のクライアントとの取引を考えている方は、なるべく早めにPaypalアカウントを開設し、使い方に慣れておくことをオススメします。




今回は、「海外にサービスを提供する際の必須アイテム」について書いたので、

次回は、ブログ004号で少し触れた、英語プラットフォームの「Upwork」について、詳しくお伝えします。

また近々、ブログをアップしますね。

それではまた!

アサノコウジ

0回の閲覧

© 2019 by Just Global Media

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon