No. 004 「続・どこで仕事を受注するのか?」

英語を使ったフリーランスのスペシャリスト、アサノです。

最初のブログ記事で紹介したセミナー動画は見ていただけたでしょうか?

もしまだ見てないようなら、メールを読み進める前に動画を見てくださいね。

動画の視聴はこちらから:

https://peraichi.com/landing_pages/view/justglobal

以降の記事は、セミナー動画の情報を元に進められますので、必ず動画をみてください。




前回のブログでは、「どこで仕事を受注するのか?」というお話をしました。

今回はその続きです!



もし自分に営業力や、知名度が無いとするならば、

「供給よりも需要が高いマーケットを探す」

ことを選んだ方が良い、と前回書きました。



でも、海外に向けて自分のサービスを売り込むなんて、もっと難しいのでは・・・?

と思うのは自然です。

だって、日本で売りにくいものを、海外で売れるわけないでしょ?

って思いますから。

それが、そうでも無いんです。




答えから言ってしまうと、

「海外のフリーランス用プラットフォームを利用する」のです。

私のセミナー動画を見た方は覚えていると思いますが、

Fiverr(ファイバー)

Upwork(アップワーク)

などをはじめとする、フリーランス向けのウェブサイトを利用します。



これらは、日本でいう所の「ココナラ」や、「クラウドワークス」です。

こういった英語のサイトの何が良いかというと、

「日本関連のサービスがほとんど無い」ことです。

つまり、競争が少ない「ブルーオーシャン」なんです。

例えば、ココナラには、クオリティの高い声優さんやナレーターさんがたくさん登録しています。

なので、買い手が主導権を握る、買い手市場です。

私はココナラでナレーションを販売する代わりに、FiverrやUpworkなどで販売しています。

日本語でのナレーションを販売している人はほとんどいません。

いたとしても、トレーニングを受けていたり、ナレーション経験がある人はほとんどいません。

ですので、ココナラとは逆の、売り手市場なのです。




余談ですが、Fiverrにおける日本語ナレーション部門だったら、依頼数でも、総売上においても、ナンバーワンだと思います。




それで、こういう市場だと、色々なことがスムーズに進みます。

競合が少ないということで、無理して価格を下げる必要もありません。

サービスのクオリティを上げていけば、新規参入が付け入る隙を与えません。

そして、何より大切な「お客様の声」を数多く集めることで、クライアントからの信頼を確固たるものにできるのです。

私の販売する商品が、日本語のナレーションなので、それを例に挙げていますが、別の業種だって、FiverrやUpworkを利用することはできます。

一番簡単な例で言えば、日本語と外国語の翻訳

これはナレーションなんかよりも、格段に需要があります。

日本っぽいデザインや、アニメキャラの描写、日本へのマーケティングアドバイスや、ブログ記事作成など、少し考えるだけでも、色々なサービスが提供できます。

この辺りの情報を踏まえて、自分自身がやりたいことや、得意なことが何なのかを考え、海外に向けて提供できるサービスは何があるかを、ぜひ考えてみてください。

さて、海外に打って出るということは、英語を使えないといけないわけです。

「自分は英語が話せないんですけど!」

という声が多く聞こえてきます。笑




次回は、

・英語で仕事をするにはどうするか?

・どの程度の英語力が必要か?

という内容をお話します。


Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Social Icon

© 2020 by Just Global Media

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon